雪目ってご存知ですか?

雪目は正式には「雪眼炎」と言います。
原因は、スキー・スノボで、長時間にわたって雪を見続けるのが原因で発症します。
強力な紫外線を目の角膜に長時間浴び続けたため、角膜に障害がおこり炎症として症状が出ます。
ようするに角膜が日焼けをしてしまうという事です。
夏の砂浜も強烈な紫外線を反射しますが、雪は約3倍紫外線を反射していると言われています。 しかも、山は1,000メートル高くなるたびに紫外線の量が10%増加するとも言われています。新雪の紫外線反射率も驚きで80パーセントにも及ぶと言われています。
雪目は、紫外線が目にあたってから10時間程度の時間が経過してから痛み出すことが多いと言われています。 ですので、日中大丈夫じゃないか…と油断してはいけません。
紫外線の量によって色が変わるサングラスってあるんですよ♪
調光ミラーレンズといわれるもので、快晴のゲレンデなどで紫外線の量が多い時は、レンズの色が濃くなり、逆に天気が悪かったり、暗い場所になるとレンズの色が薄くなるという優れ物です。

快晴用のゴーグルと夜用のゴーグルを二つ用意する必要が無く便利です。いかがでしょうか?
一覧に戻る