マイカーで行くスキー・スノボ♪車内泊編4!!

今回も、ゲレンデで車内泊する時の防寒対策についてちょっと語りたいと思います。

具体的に必要なもの編yukidarake 特に下からの寒さ対策が重要…という事はネットでも良く目にしますし、私も実際体験してそう感じます。 自分の体温を反射させるような、発泡スチロールの様な素材のマットが効果的です。アウトドアショップに行くとまず置いてあります。

後布団なのですが、ゴツ目の羽毛布団なら問題無いのですが、クルマでそれを持って行くとすると、荷室が一杯になってしまいそうです。 ですので、私は寝袋をお勧めしたいです。特にマミー型…と言われるもので、人の形になっていて、顔だけ出す事が出来るようなものです。
これもアウトドアショップに置いてありますし、外気温は何度まで耐える事が出来ます…みたいな表示もあったりしますので、一度見に行かれてはいかがでしょうか。
アウトドアショップは、結構見る価値があります。
耐寒の面のみならず、フリーズドライ製法で作られた湯だけで戻るおかゆや、その他便利グッズも年々改良が重ねられ優秀なものも多く販売されています。

考え方一つかえるだけで、スキー・スノボのみならず、車内泊自体も楽しんでしまおう…と考える事が出来るのではないでしょうか。お子さんがいらっしゃるのなら、前々回のコラムのように、ちょっとしたアドベンチャーみたいで喜ばれるのではないでしょうか。
一覧に戻る